読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

/home/onokatio/

他愛もないことを書いていきます。

開発版のUbuntuにアップグレードしたらaptがおかしくなった

ふざけて、まだベータ版にすらなっていないUbuntu17.04にアップグレードしてしまいました。

つまりは。yakketyからzestyにしたわけですね。したら。もちろんapt(apt-get)がアップグレードするときに、Ubuntuのサーバーから17.04用のソフトしかダウンロードしない。なのにもちろんベータ版だからソフトなんてひとつもない。なので一切ソフト(パッケージ)のinstall,update,upgradeができなくなってしまったわけです。なのでそれをなんとか直しました。

ようするに、取ってくるソフトの情報をすべて16のものにしてあげればいいのです。

aptのリポジトリ(サーバーの設定)ファイルは、/etc/apt/sources.listにおいてあるので、そこの中の"zesty"と書いてある部分をすべて"yakkety"に直しました、それだけです。これで治りました。

何か不具合というか注意書きですが、GUIソフトの"ソフトウェアとアップデート"の中のチェックボックスはすべてはずしておいてください、なぜなら、こいつらはzestyサーバーにつなげるの用の設定だからです。ちゃんと、yakkety用に繋がっているはずです。たぶん。

以上、アップグレードしたらaptがおかしくなってけど、ファイルの内容を置換しただけで治った話でした。